読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米母さんの報告書

田舎から田舎に嫁いだ新米嫁さんが新米妊婦さんになり、新米母さんになりました。育児記録と旦那さんとの日々の“報告書”。

つわりとの戦い。

妊娠が判明して喜んだのも束の間……程なくしてやってくるのは、そう、つわり。

 
さて、つわりというもの、吐いて吐いて吐きまくってという方がいれば、吐きはしないけど常に胃のムカムカがある方もいれば、つわり自体なにそれ?って方もいて。
 
程度も症状も期間も、ホントに人それぞれですね。
 
そもそもつわりって何で起こるのー?という疑問には、正確に答えることが出来そうにないので、それはここには書かないようにしますが、産婦人科の先生に聞くかグーグル先生に聞いてみてくださいませ。
 
そんな、つわりについてですが、私の場合はどうだったかということについて、対応としてやったことについて、今回は書いていきます。
 
妊娠を目指す方、最近妊娠が判明した方(おめでとうございます‼)、現在つわりと戦っていて少しでも楽になれば…と悩む方の、参考に少しでもなれば良いんですが。
 
 
 
妊娠が判明したのが生理予定日より前の4w4d、試しにやってみた検査薬でうっすら反応がありました。
 
そこから私のつわり期間を振り返っていこうと思います。
 
ほぼ箇条書きですが、どうぞ。
 
 
妊娠判明(仮)は今年・2016年の3月下旬(4w4d)。検査薬がうっすらと陽性。
その頃はまだつわりもなく、食事もしっかり摂れていた。
 
翌週・5w。検査薬はくっきり陽性。つわりっぽいものはなし。
 
6w0d。のどの違和感を感じる。食欲はあるし、吐き気はない。ただ、のどになにか詰まっているような、変な感じがする。
6w4d、生理予定日から2週間を過ぎ、出血(生理)がありそうな様子もなく、旦那さんと休みが合ったこの日に産婦人科を受診。胎嚢だけでなく心拍まで確認出来る。帰りに外食し、ペロッと食べられる。私の実家に報告に行き、帰りの山道で車酔いのような感じに。
 6w5d、夜勤の日。職場には前日に報告してあったので、無理のない範囲での夜勤になるはずだったのに、食事の用意が出来ない(においがキツイ)、利用者の排泄介助に入れない(排泄物のみならず体臭にも反応)、とにかくだるい、動くと出現する吐き気。なんにも出来ない。
 
7w0d、これからつわりが始まり、思うように外出出来なくなることを考えて、ばっさりと髪を切りに出かけるつもりだったのに、朝起きた後も気持ち悪くて動けない。昼過ぎになってどうにか布団から這い出して、自分で車を運転して地元へ。車を動かすのにやっとで、法定速度を守って山道40km/hで運転。実家で食べた唐揚げが美味で、食べつわりかと思う。
翌日・7w1dからしばらく仕事を休むことに。動くとのどがぐわって開くような吐き気で、布団から出られない。
7wから食事量が減る。コンビニのおにぎりは美味しく食べられるけれど1個が限界。温かいもの(湯気の立つもの・味噌汁等)・こってりしたもの(ラーメン・肉類)は止めておこう……と自分からセーブする。
 
8w3d、2週間ぶりの健診。エコーで成長しているのが見られて感動。病院に来ることだけでいっぱいいっぱいで、この日は健診後まっすぐ家に帰る。まだ内診と問診だけだったので、お茶とお菓子持参してちまちま食べながら順番を待つ。
元々便秘気味だったため気にしていなかったけれど、便が溜まっている感じがあるとつわりの症状(吐き気・胃もたれ感)が強い、と何となく思う。排便があった後は食事をしっかり摂れた。
精神的に落ち込んだのもこの時期。思うように家事が出来ない、仕事に行けない、体調は悪い、と悔しいのと苦しいのと情けないのとでごちゃごちゃになって旦那さんに泣きつく。
においに敏感になる。生ゴミや排水口のにおいのみならず、玉ねぎやご飯の炊けるにおいがダメになる。玉ねぎに関しては下ごしらえの切っている段階からダメで、煮る・炒める・レンジでチンの調理法全てがダメになった。
また、具合が悪い時は音にも敏感になった。旦那さんが食器を棚に片付けている音がキツくて仕方無かった。
 
9wは今ピークなんじゃないか?と思いながら、半日だけ仕事に出始める。朝起きて、どうしても今日は無理だ…という日は上司に電話を入れて休む、という感じで、なおかつ出勤と休みを交互に入れてもらうという、甘い勤務にさせてもらう。
ツイッターでフォロワーさん方とつわり対策について話しながら気を紛らわす。
ちなみに、バナナや納豆、チョコラBBエビオス錠、ツボ押し等が意見交換で上がる。
バナナや納豆はともかく、チョコラBBエビオス錠については合う合わないがあるので注意…味とにおいが関係するので。
 
10wも主に布団の中で過ごす日々。せっかくのGWなのにどこにも行けなくて、腐る。つわりが終わったら食べたい物を書いた、『食べたいものリスト』が日に日に更新されていく。食べたい気持ちはあっても、胃のムカムカが治まらないため実際に食べようという気にならない。
 
11wになって、少しずつ食べたいものが出てくる。たこ焼き、柏餅、ドーナツ、カフェオレ…気持ち悪くならないように用心しながら食べる。コンビニおにぎり1個よりかは食べられるようになる。
健診時につわりで仕事を休ませてもらっていることを主治医に報告して、『母子健康管理指導事項カード』を書いてもらい、職場に提出する。
 
12w、やっとピークを越えた感じがしてくる。全然気持ち悪くなく調子が良い日が出てくる。が、調子に乗って翌日ぶり返して気持ち悪くなる、を繰り返す。特に関係していたのが、天気。晴れていると調子が良く体も動かせるが、曇ったり雨が降っていると気持ち悪くなる。
 
13w、12w同様に調子が良い日と悪い日がある。夜中(2・3時)に目が覚めてしまうことが続く。夜寝ようとすると足がもやもやして寝つけなくなる日が何日かあった。鉄分不足も関係しているということで、サボリがちだったサプリをしっかり摂るように心がける。
 
14w、食事はしっかり摂れているが栄養とかはまだ考えられない状態でそうめんがお友達。体調としては、またのどの違和感が出現。ぐわっと開いて吐き気がやってくる感じ。仕事中に動けなくなることもあった。
 
15w、のどの違和感は健在。体調の回復を感じながらも、仕事でいろいろ求められてもまだしっかり身体が動かなくて、精神的に落ちることがあった。
 
16w、安定期に入る。雨の日に仕事の関係で外出。雨なのに気持ち悪い感じもなく、むしろ気持ちいいとさえ思ってしまうことに驚く。この辺りからつわりが抜けたと感じる。
セーブしていた温かい物、かつこってりした物であるラーメンを食べ、問題無く完食。
食べたかったオムライスも完食。食べ歩きも出来るように。
 
 
そして、現在17wに入ったところで、つわりはようやく完全に抜けたように感じます。
 
ここまで実に2ヶ月ちょっと。
 
これはね、精神的にもキツイです。
 
パートナー…旦那さんの協力なしでは乗り切れなかったと思います。ホントに。
 
 
さて、いろいろ書いてきましたが、私がつわりの2ヶ月を乗り切った方法です。
 
上にも書いていますが、私の場合それなりにいろいろ食べられています。
 
ただ、食事量は減りました。多分食べつわりではなかった……と思います。
 
頼った食べ物(これなら大丈夫と思った物)
 ・コンビニおにぎり
 ・コンビニのサンドイッチ(ピーク時は1/2パック食べるのがやっとだった)
 ・そうめん(基本冷たい物)
 ・うどん(基本冷たい物)
 ・お菓子(外出時や横になってる時に空腹を紛らわす)
 ・野菜(きゅうり、トマト)
 ・果物(バナナ、イチゴ、オレンジ、パイナップル)
 ・ピンポン玉くらいの大きさのおにぎり(わかめご飯、外出時・仕事時に持参)
 ・食パン(何も塗らない)
 ・ウィダーインゼリー
 ・蒟蒻畑・ララクラッシュ
 
これはダメだと思った食べ物
 ・玉ねぎ(下ごしらえからアウト。つわり後半からは調理してあれば大丈夫に)
 ・温かい物(味噌汁、スープ系、温うどん、にゅうめん、出来たばかりの料理、丼物)
 ・こってりした物(ラーメン、カレー、揚げ物、肉系、こってりしたパスタ)
 ・においのキツイ物(にんにくの効いた料理)
 
頼った飲み物
 ・爽健美茶(6~9wくらい) 
 ・十六茶(9~11wくらい)
 ・いろはす桃などの水(11w~)
 ・カルピス(9w~)
 ・アップルジュース(9~14w) (糖分が気になるので結構薄めに作る)
 ・オレンジジュース(14w~)
 ・ヤクルト等の乳酸飲料(10w~)
 ・ポカリスエットのゼリータイプ(8~12w)
 
飲み物は爽健美茶に飽きて十六茶十六茶に飽きたらノンカフェインのお茶が他にない!!というような感じで、砂糖等気になりましたが味付きのいろはすに移行していきました。家ではアップルジュースとカルピスに頼っていました。
また、便通の為に乳酸飲料も飲んでました。
 
現在つわりに苦しんでいる方へ……つわりが酷くても、最悪水分だけでも摂れていれば赤ちゃんは大丈夫、ということなので、取りあえずつわりの症状が出て苦しい時期は栄養とか糖分とか気にせずに、口に出来る物を飲みましょう!!
あと、つわりが酷い場合は主治医の先生に相談しましょうね!!
 
その他の対策
 ・ツボ押し(手首のしわから指3本分下にあるツボ、胸元のツボ等)
 ・チョコラBBハイパーを飲む(個人差あり)
 ・エビオス錠を飲む(個人差あり)
 ・食後は右を下にして休む(胃からの逆流を防いで、消化を速める)
 ・身体を休める(休む環境を整える…布団の頭側に角度をつけて高くする、音への配 
  慮)
 ・ストレスを溜めない
 ・周りの人を頼る(パートナー、旦那さん、両親、義両親、同僚、友人、近所の人)
 ・買い物はネットスーパーとかも使う
 ・仕事は無理せず休む(母子健康管理指導事項カードを使う)
 
 
こんな感じでしょうか。
 
ちょっとでもお役に立てたら幸いです。
 
ツラいツラいつわりの日々、少しでも楽に過ごせると良いですね。
 
そしていつか訪れるつわりからの解放の時を楽しみに、もう一息頑張りましょう!!